リクナビネクストの料金や掲載内容を知っておくと便利

企業が人材を探す時に使うものといえばインターネット上にある求人サイトです。求人情報を載せることで効率よく求職者を集める事ができるため多くの企業が使っています。日本には数多くの求人サイトが用意されているので利用して効果的に人を集めることができるところを見つけるのは結構大変です。 選定に困っている方がいるのならリクナビNEXTを使ってみると良いでしょう。ここは利用者が非常に多い求人サイトなので効率よく人材確保をする事ができます。利用するにあたってリクナビNEXTの特徴を把握しておくと便利です。必要な費用やサービス内容、ここでしか利用できないサービスを紹介します。 またリクナビNEXTはどんなメリットを持っているのかも知っておくと他のサイトと比較も出来るでしょう。

サイト利用者が多いのが最大の特徴

リクナビネクストに料金を支払い掲載することにより多くの学生を集めることができます。なぜなら学生の8割以上がサイトを使って案件を探しているので新人を確保しやすいです。データ採取をしたところ就職活動で使うサイトとして圧倒的支持を得ていることが検証されています。 実際に学生が入社企業を決めたときのサイトとして47%くらいの方が指示をしているのも現実です。リクナビネクストへ料金を支払い掲載すれば広報から内定承諾までサポートしてくれる専門家を利用できます。リクルートアドバイザーによって採用失敗を軽減できるのがメリットです。専門家は採用地位場動向勉強会や求人広告試験受験、新卒事業マーケット研修やインターンシップ勉強会を経験しているので品質の高いサービスを受けられます。

どれくらいの費用がかかるのか知っておこう

求人情報をリクナビネクストに料金を支払い掲載する時最も気になるのは価格です。これはプランにより価格変動する仕組みをしています。例えば勤務地エリア限定プランは勤務地エリアに絞った求人情報を載せる事ができるサービスです。その分金額は比較的安価で、Aプランなら、企画名N1は2週間なら13万円となっています。 全国勤務地での展開をしたいときは通常規格を利用するといいでしょう。こちらも勤務地コードは全国の勤務地から複数選択可能です。N1なら2週間で18万円でN5Lだと4週間で180万円の利用金額をしています。年間回数券だと3回券で432万一回あたり144万円の金額で利用可能です。各種画面修正金額として1企画3万円で対応してくれます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加